iwi 矯正歯科 HOME > 最高の笑顔のために、最高の技術を。

歯列矯正の、あの頃と今。

かつて矯正治療のスタンダードと言えば、ワイヤーで繋げた歯と歯が、お互いに引っ張り合うことによって自然に移動し、歯並びを整えていくという方法でした。しかし正確に動かすことが難しく、そのため複雑で帽子のような装置を毎日装着しなければならず、治療期間が長く、患者さまにとって、それはつらく長い道のりだったに違いありません。

矯正用アンカースクリューを用いた矯正は、その意味で画期的な治療法でした。歯を矯正用アンカースクリューからゴムで引っ張り移動させていくという方法で、歯の移動の精度が増し、また装置がシンプルになり、高度な治療の期間の短縮が目指せるようになりました。
しかしそれでもまだ、矯正用アンカースクリューが抜けてしまう、感染のリスク、難しい治療にはより多くの矯正用アンカースクリュー を使用する必要があるなど、問題も残りました。

裏側(舌側)矯正もまた、外から装置が見えにくいというメリットから、接客や営業など、対面されるご職業の女性を中心に、近年広く支持される矯正技術のひとつです。
しかしどのような治療であれ、安易に結果だけを求めるような治療であれば、歯が安定せず後戻りしてしまったり、結局は治療期間の長期化につながり、患者さまへの精神的・経済的な負担増加を招きかねないのです。
>>> iwi の矯正技術は、ここが違います。

アイウィ矯正歯科・東京 HOME