iwi 矯正歯科 HOME > 日本矯正歯科学会専門医

日本矯正歯科学会専門医

当院院長は、日本矯正歯科学会専門医となります。

全国の歯科診療所数は約67,000軒
矯正歯科を標榜しているのは約20,000軒
日本矯正歯科学会員数は約6,000人
日本矯正歯科学会認定医は約3,000人
日本矯正歯科学会専門医は約300人

上記の数字だけを見ても、日本矯正歯科学会専門医は高度な矯正技能と経験ならびに専門知識を有する者しか取得できないことがわかりませんでしょうか?
日本において矯正治療を行う歯科医師において最高の名誉であると自負しております。

日本矯正歯科学会とは、1926年に設立され会員数が6,000人超、日本の矯正歯科界で最も会員数が多く、最も権威ある団体とされています。矯正治療を行う歯科医師は、必ず入っているとも言える学会です。
現在、歯科医師資格を持つ者であれば誰でも「矯正歯科」の標榜を掲げ、治療を行うことができます。
しかし、矯正歯科というのは、専門性が非常に高く、また、知識や経験が豊富であることが必要なため日本矯正歯科学会が矯正治療に関して適切かつ十分な知識と経験を有する歯科医師を「認定医」として認定しています。認定医は全国におよそ3,000人おり、さらにより高度な専門性を持つ資格として「専門医」の制度が2006年より新たに開始しました。
学会の「専門医」試験に合格し、認定を受けた歯科医師は全国で約300名です。
厚生労働省の調査による全国の歯科診療所数は約67,000軒あり、そのうち矯正歯科を標榜しているのは約20,000軒ありますが、学会認定の専門医がいる診療所はその中のわずか1.3%にすぎません。
試験内容が治療実績を10症例、それぞれの患者様から審査のための提出の同意書を付け自分の名前を伏せた上で審査員から治療に関する口頭試問を受けるという非常に厳しいもので、非常に厳しい門戸となっているためです。

日本矯正歯科学会認定医
  • 歯科医師免許を有すること
  • 歯科医師免許取得後、5年以上継続して学会会員であること
  • 学会指定研修機関において5年以上矯正歯科研修を修了した者
  • 学会の認めた学術刊行物に矯正歯科臨床に関する報告を発表した者
  • 学会倫理規定を遵守する者

日本矯正歯科学会専門医
  • 日本矯正歯科学会認定医資格を有する歯科医師
  • 12年以上継続して学会会員である者
  • 学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、その全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格すること
  • 過去10年以内に学会の定めた刊行物、または学術集会において矯正歯科に関する発表をした者
  • 学会倫理規定を遵守する者
  • 他科の専門医を有していてもかまわない
アイウィ矯正歯科・東京 HOME